ゲゲゲの鬼太郎アニメ5期をpandoraで見る場合の注意点と無料で見るそれ以外の方法

ゲゲゲの鬼太郎アニメ5期。

当初、予期せぬ放送打ち切りなどもあり話題になりましたよね。

海外サイトpandoraで見る注意点とその他の方法も見ていきましょう。

ゲゲゲの鬼太郎が無料で見れるのは嬉しいですよね♪

ゲゲゲの鬼太郎をpandoraで見る場合の注意点

pandora等の海外サイトで無料動画などを見る場合には、注意点があります。

注意点
  • 画質が悪い
  • 広告等で見づらい
  • 最後まで見れない可能性がある
  • 動画が止まったり飛んだりする
  • 読み込みが遅い
  • ウイルス等の危険性

などなど、あまり良いことがありません。

特に、ウイルスによる危険性は無限の可能性を秘めています。

逆に、何のストレスも感じることなくゲゲゲの鬼太郎を見る方法もあります♪

それは、フジテレビ公式動画配信サービスのFODプレミアム。

FODプレミアムなら簡単に無料視聴することが出来るんです!

FODプレミアムとは

FODとは、フジテレビが運営する公式動画配信サービスです。

過去にフジテレビで放送された番組、月9やバラエティ番組、アニメならワンピースやドラゴンボール、もちろんゲゲゲの鬼太郎も見ることが出来ます♪

作品数にして、その数22,000本以上!

パソコンはもちろんスマホやタブレットで、いつでもどこでも動画配信を楽しむことが出来るサービス。

FODプレミアムは通常月額888円(税抜)で利用することが出来ますが、今ならなんと2週間無料トライアルキャンペーンを実施しているので、2週間0円で利用できてしまうのでかなりオススメです。

0円ですので、タダですね♪

もちろんすべての作品がタダで見れるわけではないのですが、

ゲゲゲの鬼太郎は見放題対象作品なので、嬉しいことに無料で見ることが出来てしまいます。

ですので、ゲゲゲの鬼太郎を無料で見るのであればFODプレミアムの2週間無料トライアルキャンペーンを利用するのが最良の方法になりますね♪

フジテレビの公式動画配信サービスなので、無料海外サイトのようなストレスは一切感じることなく利用できます。

公式動画配信サービス
  • 画質もキレイ
  • 広告は一切なし
  • 確実に最後まで見れる
  • 動画が止まる、飛ぶなどの支障がない
  • 読み込みもスムーズ
  • ウイルス感染ゼロ

さらに今なら2週間無料トライアルキャンペーンを実施しているので、登録から2週間なら無料で、

ゲゲゲの鬼太郎5期を1話から100話最終回まで無料で見ることが出来ます。

↓ゲゲゲの鬼太郎を今すぐ見てみる↓

※2週間以内に解約すればお金は一切かかりません♪

ウイルスの無限の危険性

pandora等の海外サイトでの動画視聴には、いろいろな危険が潜んでいます。

手軽に見れることで、利用頻度が高い人ほどウイルスには充分に注意していただきたいと思います。

  • 動画を無料視聴していて気付かないうちにウイルスに感染してパソコンが動かなくなってしまった!
  • スマホが再起動を繰り返すようになってしまった!

このような現象を引き起こす可能性もあります。

ですので、仮に運よく無料でゲゲゲの鬼太郎を見ることの出来る海外サイトを見つけたとしても、あまりお勧めは出来ません。

やはり無断でアップロードしている可能性が高いサイトは期間が伴います。

だとすれば、同じ無料で見れるFODプレミアムでゲゲゲの鬼太郎をフル視聴する方が断然お得ということになってしまいますね♪おススメです。

FODプレミアムを利用するには


2週間以内に解約をすればお金はかかりません♪

FOD登録に必要なもの
  1. Amazonアカウント
  2. クレジットカード
  3. FODプレミアム初登録

詳しく見たい!という方はコチラも見てみてくださいね♪

FOD無料登録といっしょに新規Amazonアカウントを作成完了する簡単な方法

2018-05-10

まとめ

ゲゲゲの鬼太郎5期を無料で見る方法は、FODプレミアムで2週間無料トライアルキャンペーンを利用して

サクッと見るのが一番のオススメです♪

登録も驚くほど簡単にできますので、FODプレミアムに登録してみましょう。

2週間無料トライアルキャンペーンは終了告知はしていないようなので、いつキャンペーンを終了してしまうか分かりません。

今のうちにササっと登録して無料で楽しんじゃいましょう♪

無料期間中に解約すればお金はかかりませんので♪

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください